エパテックゲル・クリーム・ローションが販売中止になります。 | ぼうそう医薬情報室

エパテックゲル・クリーム・ローションが販売中止になります。

ゼリア新薬工業のNSAIDs外用剤「エパテックゲル3%・クリーム3%・ローション3%」が販売中止になります。

 
(ゼリア新薬工業webサイトより)

参考 エパテックゲル3%・クリーム3%・ローション3% 販売中止のご案内[PDF]ゼリア新薬工業(医療従事者向け)

中止時期はいつ?

もうすでに供給中止されはじめているようです。

剤形 供給中止時期
ゲル 2018年3月~6月
クリーム 2017年12月~2018年2月
ローション 2018年2月

エパテックってどんなくすり?

販売名 エパテックゲル3%・クリーム3%・ローション3%
名前の由来 「epoch-making(画期的な)」をもじった(言い換え)名称
一般名 ケトプロフェン
会社名 ゼリア新薬工業(株)
薬効 経皮鎮痛消炎剤
効能・効果 下記の疾患並びに症状の鎮痛・消炎
変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、
上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛
販売開始時期 1986年8月(ゲル)

えぽっくめいきんぐ…!こういう名前の由来好きです。夢があるよね。

エパテックは、1986年に発売されたケトプロフェン外用剤です。
モーラスパップ30mg(旧販売名:モーラス30)が1988年発売なので、実はモーラスよりもベテランさんです。

なんで中止になったの?

諸般の事情。

時代の流れとともに処方量が減少しているのか、第2回NDBオープンデータ(診療年月:H27年04月~H28年03月)にはいらっしゃいませんでした。
ただエパテックの所属する「鎮痛,鎮痒,収斂,消炎剤」という分類は、年間400万枚(本)以下の薬剤は表示されない修羅の分類なので、本当に処方量が少ないのかはわからず。

ちなみにTOP100入りしていたセクターローションは、年間1,000万本くらいでした。結構多い。
でもモーラステープL40mgとか年間3億枚くらい出てますからね。すごいですね。

代替品はあるの?

ケトプロフェン製剤、意外にも貼付剤以外の外用剤は少なかったです。
同一剤形品はセクタークリーム・ゲル・ローションのみでした。
薬価はセクターの方がちょっぴりお高い。

エパテック セクター
クリーム 3%1g:5.30円 3%1g:6.70円
ゲル 3%1g:5.30円 3%1g:6.70円
ローション 3%1g:5.30円 3%1mL:6.70円

(薬価は2018年2月現在)

OTCのケトプロフェン製剤は、現状オムニードケトプロフェンパップ(ケトプロフェン・l-メントール)くらいしか無さそうです。
OTCにケトプロフェンクリームとかゲルあっても良いのになぁと思います。
何で無いのかしら。

参考文献
1)エパテックゲル3%・クリーム3%・ローション3% 販売中止のご案内, ゼリア新薬工業(株),
http://zeria-online.com/di/epatec/detail/info08.html.