オレンシア点滴静注用、サーティカンの適応が追加されました。

1月・2月の部会審議品目が適応追加されたようなので、まとめました。

効能等追加品目の一覧

今回承認された効能等追加品目の一覧です。
会社名をクリックすると、各社のニュースリリースに飛びます。
(直PDFのリンクもありますので、ご注意ください。)

効能等追加品目

販売名(一般名) 会社名 効能等追加事項
オレンシア点滴静注用 250mg
(アバタセプト(遺伝子組換え))
BMS=小野 多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎の効能等追加
サーティカン錠0.25mg・0.5mg・0.75mg
(エベロリムス)
ノバルティス 肝移植における拒絶反応の抑制の効能等追加

オレンシア皮下注は適応追加されてませんので、ご注意ください~。

 

雑感:なんで今回承認日ずれたんだろう。

今回、報告品目と審議品目で承認日が1週間ずれたのは、ゾフルーザの承認があったからですかねぇ。
3月の効能追加もずれそうな予感がしてちょっとドキドキ。

次回もずれたら、先駆け審査指定品目は抗HIV薬と同様に緊急収載扱いなんだなーとわかりますね。
今回だけだったら、インフル流行中の特別対応だったということなんでしょう。

 

 

参考文献
1)各社プレスリリース
2)各製品添付文書