ノピコールカプセルが販売中止になります。 | ぼうそう医薬情報室

ノピコールカプセルが販売中止になります。

東レ・メディカルのそう痒症治療薬「ノピコールカプセル2.5μg」が販売中止になります。

参考 販売中止のご案内[PDF] 東レ・メディカル(医療従事者向け)

中止時期はいつ?

2018年12月末日、在庫終了をもって販売中止になるとのことです。
経過措置期間は、2019年3月31日までの予定、とのこと。

ノピコールってどんなくすり?

販売名 ノピコールカプセル2.5μg
名前の由来 痒み(picor:スペイン語)が無くなる(no)という意味から nopicor
一般名 ナルフラフィン塩酸塩
会社名 東レ・メディカル(株)
薬効 選択的κ受容体作動薬
効能・効果 次の患者におけるそう痒症の改善(既存治療で効果不十分な場合に限る)
透析患者、慢性肝疾患患者
販売開始時期 2015年5月

ノピコールはレミッチと同じナルフラフィン製剤で、選択的κ(カッパ)受容体作動薬です。2)

かゆみには末梢性のかゆみと中枢性のかゆみがあります。
末梢性のかゆみには主にヒスタミンが、中枢性のかゆみには主にオピオイドが関与しています。
そのため、中枢性のかゆみには抗ヒスタミン薬が効きにくく、難治性のかゆみとされています。

ナルフラフィンはオピオイド受容体のひとつであるκ受容体に結合・活性化することで、かゆみを抑制する薬剤です。
κ受容体作動薬は、現状、ナルフラフィンしか国内承認されていません。
そのため、難治性のかゆみへの治療手段として確固たる地位を築いています。

なんで中止になったの?

「諸般の事情」とのことです。

まぁ、先行するレミッチと同一適応で発売することになった時点で、ノピコールの存在意義は無くなりましたよね。
この辺、まだ記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ナルフラフィン製剤は、すでにレミッチが「透析患者」のかゆみ治療薬として、2009年に発売されていました。
そのため、ノピコールは「肝機能障害患者」のかゆみ治療薬として発売し、レミッチとの住み分けを図る予定だったと思います。

しかし、同一有効成分・剤形・規格で別適応の製剤が現場に出回ると、医療現場に混乱をきたすことが懸念されたため、厚生労働省から両製剤の効能・効果を同じにするよう要望が出されました3)

結果、レミッチとノピコールは同じ適応の製剤に。
1物2名称品の片方が、6年遅れで市場に出てきた形となりました。
そりゃあ売れないよね。

代替品はあるの?

同じナルフラフィン製剤のレミッチカプセル・OD錠がいます。
ノピコール発売時にメーカーさんへ問合せたら「ノピコールとレミッチは包装が違うだけで同じカプセルです!(意訳)」と言っていたので、特に問題なく切り替えられるかと。
しかもレミッチの方が微妙に安い。(レミッチ:1,340.90円、ノピコール:1,342.50円)

また、2018年6月に後発品も出ております。
代替手段はいっぱいありますね。

ただ、いま切り替えるとしたらOD錠ですかね…?
OD錠は、レミッチ、「サワイ」、「フソー」。ODフィルムは「ニプロ」が発売されてます。

販売名 会社名 薬価
レミッチカプセル2.5μg
OD錠2.5μg
東レ=鳥居 1,340.90
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「あすか」 あすか製薬 549.5
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「キッセイ」 キッセイ
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「ケミファ」 ケミファ
ナルフラフィン塩酸塩OD錠2.5μg「サワイ」 沢井
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「トーワ」 東和薬品
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「ニプロ」
ODフィルム2.5μg「ニプロ」
ニプロ
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「日医工」 日医工
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「BMD」 日本ジェネリック
ナルフラフィン塩酸塩OD錠2.5μg「フソー」 扶桑
ナルフラフィン塩酸塩カプセル2.5μg「YD」 陽進堂

 

参考文献
1)販売中止のご案内, 東レ・メディカル(株), http://cs2.toray.co.jp/news/tmc/news_rd.nsf/0/3BCED6DCA76165F049257E3800266E10/$FILE/%E3%83%8E%E3%83%94%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E4%B8%AD%E6%AD%A2%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85201806.pdf.
2)ノピコールカプセル2.5μg, 添付文書, インタビューフォーム.
3)ノピコールカプセル2.5μg 審査報告書, PMDA, http://www.pmda.go.jp/drugs/2014/P201400168/480331000_22600AMX01388_A100_1.pdf.